印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


ガラス粉末色釉(1,000℃)

ガラス釉(ペルシャンブルー)

ペルシャンブルーガラス釉は楽焼と本焼との中間温度で焼くうわぐすりで、地中海近辺ではじまったペルシャ陶器はその代表的なものです。
もっとも、ガラス釉は鮮やかな光沢の色ガラスを配合してつくられ、特に赤色、オレンジ色、黄色といった新しい色も開発されて新しい感覚のやきもの創造への意欲を掻き立ててくれることでしょう。
白い土の上ですと鮮やかに発色し、細かい釉のヒビは更に焼物をソフトに仕上げてくれます。
ガラス粉末色釉の掛け合わせも出来ます。
 
 
制作工程
 ①赤土にて成形します。(赤土ですと雰囲気がよく、白土ですと鮮やかに発色)
 ②乾燥途中にて白化粧を作品の上部に薄く泥掛けします。
 ③化粧泥が手に付かない様になりますと、カンナ・ヘラ・クシなどでスケッチしておくと便利です。
 ④完全乾燥させます。
 ⑤1150℃~1200℃ぐらいの温度で素焼きします。
 ⑥素焼きの上よりガラス釉をやや厚めに掛けます。
 ⑦乾燥後窯入れし、次に950℃~1000℃にて焼き上げます。
  温度を上げすぎますと流れる危険がありますので、注意してください。
 ⑧焼き上げ後はゆっくりとさまします。

ガラス釉の溶き方
 各色ガラス粉末釉 100%
 CMC化学のり  0.5%
 水        50%

★CMC化学のりは前もって熱湯にとかし放置しておき、
 ガラス釉粉末とまぜあわせるとうまく泥漿になります。

※◎最適 ○適

K-1 透明光沢ガラス釉


価格(税別) 1kg
4,800円

・焼成適応条件 酸化◎
・目安温度 950~1050℃
・1kg当りの目安水分量 500cc

K-2 ライトグリーンガラス釉


価格(税別) 1kg
7,000円

・焼成適応条件 酸化◎
・目安温度 950~1050℃
・1kg当りの目安水分量 500cc

K-3 ペルシャブルーガラス釉


価格(税別) 1kg
7,000円

・焼成適応条件 酸化◎
・目安温度 950~1050℃
・1kg当りの目安水分量 500cc

K-4 ライラックガラス釉


価格(税別) 1kg
7,000円

・焼成適応条件 酸化◎
・目安温度 950~1050℃
・1kg当りの目安水分量 500cc

K-5 コバルトブルーガラス釉


価格(税別) 1kg
7,000円

・焼成適応条件 酸化◎
・目安温度 950~1050℃
・1kg当りの目安水分量 500cc

K-6 ブラウンガラス釉


価格(税別) 1kg
7,000円

・焼成適応条件 酸化◎
・目安温度 950~1050℃
・1kg当りの目安水分量 500cc

K-7 サンレッドガラス釉


価格(税別) 1kg
7,000円

・焼成適応条件 酸化◎
・目安温度 950~1050℃
・1kg当りの目安水分量 500cc

K-8 オレンジガラス釉


価格(税別) 1kg
7,000円

・焼成適応条件 酸化◎
・目安温度 950~1050℃
・1kg当りの目安水分量 500cc

K-9 イエローガラス釉


価格(税別) 1kg
7,000円

・焼成適応条件 酸化◎
・目安温度 950~1050℃
・1kg当りの目安水分量 500cc

K-10 パールホワイトガラス釉


価格(税別) 1kg
7,000円

・焼成適応条件 酸化◎
・目安温度 950~1050℃
・1kg当りの目安水分量 500cc