粘土⑫(粘土補助材)

A-10・A-11・A-11-1・A-12-1・A-12-2・A-12-5・A-12-6・A-52
A-18S・A-20・A-29・A-34・A-55・A-56・A-57・A-61
A-7・A-7-1・A-39・A-40・A-43・A-50
A-23・A-27-3・A-27-4・A-27-5

粘土原料配合の基本的な考え方

 
原料は、粘土質原料、非可塑性原料、媒溶原料の三つの特性によって性質が決まります。

 
粘土質原料
 カオリン、蛙目粘土、木節粘土、セッ器粘土、陶石、ろう石などです。
 成形の母体となるものです。

非可塑性原料
 石英(硅石)、シャモット(焼粉)、セルベン(焼素地粉)などです。
 可塑性の適度な調整、ひずみ、亀裂の防止に用います。

媒溶原料
 長石、石灰石、ドロマイト、木灰、ガラス粉などです。
 粘土の焼結を促す働きをします。
 添加量については、十分な検討、試験が必要です。
 

粘土調整補助材(骨材)
 
スイヒなどほ施した細かい粘土で大きな作品を制作する場合の粒径調整に用います。
添加量の目安と致しましては、粘土全量に対しまして、10%から15%程度です。
 
品番 品名 加工 形状 入数 価格(税別) 用途 
A-10 特級シャモット粉
(磁器セルベン)
20目アンダー 25kg 3,700円 粘土の収縮を調整し、
歪、切れの防止に用います。
A-11 並シャモット粉 40目アンダー 30kg 3,400円 粘土の収縮を調整し、
歪、切れの防止に用います。
やや色が付きます。 
A-11-1 上等シャモット粉 40~60目 25kg 5,300円 シャモット粉径を一定粒度で
バランス良く調整した、大物
制作用骨材です。
やや色が付きます。 
A-12-1 大物用骨材
(磁器セルベン)
3mmアンダー 1kg 500円 磁器粉砕品でシャモットと同
様に粘土の収縮を調整し、
歪、切れの防止に用います。
破砕形状は鱗片状となり、
シャモットとして効果的です。
磁器粉砕品のため、多少の
不純物を含みます。
A-12-2 大物用骨材
(磁器セルベン)
3mmアンダー 25kg 4,600円
A-12-5 大物用骨材
(磁器セルベン)
1mmアンダー 1kg 500円
A-12-6 大物用骨材
(磁器セルベン)
1mmアンダー 25kg 4,600円

 

品番 品名 形状 入数 価格(税別) 用途 
A-52 金峯土(みたけ土) 20kg 17,000円 萩土などの中に添加するカオリンの一種で、
耐火度はありますが粘りに乏しく粘土の焼
締まりを調整します。
 

配合調整用粘土
 


品番 品名 形状 入数 価格(税別) 用途 
A-18S 並信楽粉末土
ハタキ土 30目
30kg 4,300円 程よい土の荒さと、わずかに含まれる
鉄粉によって焼き物らしい土味を作り
出すことが出来ます。
少量の添加でやわらかい粘土の水分
調整を行うことが出来ます。
A-20 木節粉末土 30kg 3,900円 スイヒせず乾燥後、粉砕した粘土です。
荒くて多少の有機物を含みます。
A-29 特級水ひ蛙目土
スイヒ土 125目下
25kg ※販売終了 スイヒによって硅砂を完全に取り除い
た可塑性のある微細な粘土粉末です。
単味では乾燥収縮と、全焼成収縮率
は20%と大きく、他の粘土と合わせて
用います。
A-34 黒蛙目風ひ土 20kg 3,000円 スイヒせず乾燥後、粉砕した粘土を風
の力によって、分級した粘土です。
細かい硅砂が多少含まれていますが、
耐火度のある可塑性に富んだ粘土で
す。
焼上がりは白くなります。
A-55 瀬戸本山木節粉末土
フルイ掛け
20kg 5,300円 白さ、耐火度ともに大変良い粘土で、
単味で作品が造れます。
A-56 枝下(シダレ)木節粉末土
25目下
25kg ※販売終了
耐火物の結合材として使われてきた
耐火性の高い可塑性に富んだ粘土で
す。
鉄分を含み、焼上がり色はあまり良
くありませんが、可塑性の乏しい粘土
、耐火度を上げたいときには、大変有
用です。
ただ、非常に微粒であるので、30%
以上の添加は好ましくありません。
A-57 特級白木節粉末土
25目下
25kg 3,300円 白さ、耐火度ともに大変良い粘土で、
単味で作品が造れます。
A-61 特級原すいひ蛙目粉末土
フルイ掛け
100メッシュアンダー
20kg 5,000円 スイヒによって萩焼硅砂を完全に取り
除いた、粘土分ばかりの可塑性のある
微細な粘土粉末です。
単味では乾燥収縮と、全焼成収縮率
は20%と大きく、他の粘土と合わせて
用います。
特級スイヒ蛙目土(A-29)より可塑性
は大です。

 

 

原土
 


品番 品名 形状 入数 価格(税別) 用途 
A-7 黄ノ瀬原土(荒) 30kg 9,800円 大豆大の荒い硅砂を含み単味の利用は、難しく、
黄の瀬白土(A-21S)、極上信楽御本手土
(A-102)と配合して用います。
A-7-1 信楽白原土(荒)
6mm目下
20kg 6,900円 穴窯、登り窯で信楽焼作風を造りだす、
最も基本となる原土です。
A-39 特選木節原土(荒) 25kg 3,100円 風化堆積した粘土で、微粒をあまり含まないのが
特長です。
主として、亜炭層から産出するので、亜炭や木根
などを含み、炭化の進んだ黒っぽい有機色で
脂肪感があります。
焼上がりは白く、耐火度があります。
A-40 特選蛙目原土(荒) 25kg 2,600円 荒い硅砂粒を多く含む原土です。
スイヒしますと、粘土分は半分以下になってしま
います。
焼上がりは白く耐火度もあり、自然な形で大小さ
まざまな硅砂粒を含んでいますので、一般にスイ
ヒされた白い粘土に配合して用います。
A-43 伊賀赤土原土 20kg 3,700円 火に強い耐火性のある黄土です。
焼上がりは赤く、1250~1280℃の高温でも使用
できます。
硅砂を含み、荒くパサパサした原土です。
単味で用いるよりは赤土とブレンドとして用います。
A-50 萩原土 25kg 13,000円 萩焼のヒビ割れを表現するのに適した原土です。
硅砂を添加するよりも、自然な荒さ調整が出来ます。
乾燥後、木槌等で粉砕し、適度な篩目調整の後、
萩土(A-32)に調整して用います。

 

 

粗粒硅長石
 
信楽焼の石ハゼ(還元で焼成した場合に、土肌に長石粒等が噴出す現象)の雰囲気を作り出す目的で添加します。長石と硅石が混在した原料です。
添加量の目安は、10%から15%前後です。篩等で調整後、用います。
 
品番 品名 形状 入数 価格(税別) 用途 
A-23 粗粒硅長石 30kg 5,500円 古信楽独特の石ハゼを出す用途に用います。

 

 

萩砂
 
品番 品名 加工 形状 入数 価格(税別) 用途 
A-62 萩砂 大 フルイ 15目 15kg 8,100円 萩土のひび割れの
味わいをだすために、
粘土に混ぜて使います。
A-63 萩砂 中 フルイ 20目 15kg 8,100円
A-64 萩砂 小 フルイ 30目 15kg 8,100円

 

 

焼成補助材
 
棚板の上に敷き詰め、作品の釉薬流れを防ぐ目的で用います。
また、重量のある作品の収縮時の移動を助ける目的で、棚板上に散布して用います。
繰り返し用いることが出来ます。
 
品番 品名 加工 形状 入数 価格(税別) 用途 
A-27-3 硅砂三号(中荒) 10~14メッシュ
(約11目)
30kg 3,800円 薪窯の床砂、作品のくっつき
防止の目的で棚板の上に
撒きます。
うわぐすりのくっつき止めの
働きもあります。
1kg 400円
A-27-4 硅砂四号(細) 14~20メッシュ
(約16目)
30kg 3,800円
1kg 400円
A-27-5 硅砂五号(細々) 20~48メッシュ
(約22目)
30kg 3,800円 棚板のくっつき止め、粘土に
混ぜて耐火度を高く調整する
目的に用います。
1kg 400円