印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

釉薬原料

長石、陶石
長石は、釉薬を構成する最も重要な媒熔剤(カリウム、ナトリウムの働き)であると共に、釉薬そのものの重要な構成成分(アルミナ成分と硅酸成分)となります。
媒熔剤の働きと釉薬構成成分としての相互割合が長石そのものの特徴であり、釉薬を決定づける重要な原料となります。
純粋な長石はなく、媒熔剤(カリウム、ナトリウム)の両方を含んでいます。
特徴づけて区分する便宜上、カリ系とソーダ系に区分しています。
品番 品名 単位 価格(税別)
M-1 三雲長石  1kg 400円
25kg 6,100円
M-2 特級釜戸長石  1kg 300円
30kg 3,100円
M-3 極上福島長石  1kg 500円
30kg 6,200円
M-3-1 特級福島長石  1kg 6,100円
30kg 154,300円
M-5 平津長石  1kg 700円
30kg 11,800円
M-6 志野風化長石(荒)  1kg 1,000円
25kg 20,000円
M-7  カナダ長石(霞石閃長石)  1kg 600円
25kg 9,400円
M-8  三河長石  1kg 300円
30kg 3,700円
M-9  A長石  1kg 500円
20kg 6,500円
M-12  信楽長石  1kg 300円
※販売終了
25kg 2,900円
※販売終了
M-13  益田長石  1kg 500円
25kg 6,500円
M-15  インド長石(乾式粉砕品)  1kg 500円
30kg 7,500円
M-16  対州長石  1kg 600円
25kg 5,300円
M-20  特級天草陶石  1kg 600円
25kg 9,900円
M-21  一級天草陶石  1kg 500円
25kg 7,500円
M-22  柿谷陶石  1kg 500円
20kg 4,700円
M-29  ペタライト(葉長石)  1kg 1,100円
25kg 14,900円

(送料別)


カオリン、粘土、蝋石
熔けた釉の流動性を抑え、素地への安定して熔着するように釉薬の粘性を高める重要な成分であると同時に、釉薬の沈殿を調整し素焼素地の付着を助ける働きがあります。
カオリン、粘土は、釉薬構成成分(アルミナ成分と硅酸成分)を含む原料です。
品番 品名 単位 価格(税別)
M-56 朝鮮(河東)カオリン(原土) 1kg 400円
25kg 5,100円
M-64 か焼(河東)カオリン 1kg 800円
25kg 16,000円
M-70 水ヒ(河東)カオリン(M)(粉末) 1kg 500円
25kg 5,200円
M-71 水ヒ(河東)カオリン(N)(粉末) 1kg 600円
20kg 6,600円
M-57 三石蝋石 1kg 500円
20kg 5,200円
M-72 中国KTカオリン(塊) 1kg 500円
25kg 4,200円
M-73 か焼中国KTカオリン 1kg 800円
25kg 15,700円
M-74 ニュージーランドカオリン(粉末) 1kg 800円
30kg 17,300円
M-59 ベントナイト 1kg 300円
25kg 3,700円

(送料別)

硅石
硅酸成分(SiO2)は、塩基成分や酸化物と容易に結合し、釉焼きを構成する最も重要な原料です。
大抵の釉薬は、50%以上の硅酸成分を含んでいます。
長石、カオリンから得られる硅酸成分を補う重要な原料です
品番 品名 単位 価格(税別)
M-49 極上石英粉 1kg 500円
25kg 7,200円
M-50 鳥屋根硅石 1kg 500円
30kg 7,800円
M-51 福島硅石 1kg 500円
30kg 7,100円
M-52 日の岡硅石 1kg 400円
30kg 5,800円

(送料別)

石灰石
石灰(酸化カルシウムCaO)は、高火度釉薬では最も有効で、かつ、安定した熔融剤としての働きがあります。
石灰は、アルミナ成分と硅酸成分と高温域で反応しガラス化を促進させる原料です。
冷却後は、釉薬の硬度を上げ耐摩耗性を大きくする働きをします。
品番 品名 単位 価格(税別)
M-53 鼠石灰石(塊状) 1kg 300円
30kg 3,200円
M-54 白石灰石 1kg 200円
30kg 3,000円

(送料別)

マルニ純質 天然灰シリーズ
木灰類は石灰石と同じような働きをしますが、石灰(CaO)がほぼ100%に近い純度であることに対しまして、天然木灰は、25~45%と樹木の種類によりまして含有量に幅があります。
複合して6割前後含まれるカリウム、ナトリウム、マグネシウム、リン酸、鉄、マンガン、アルミナ、シリカ等が釉薬の発色に微妙な味わいをもたらします。
品番 品名 単位 価格(税別)
L-101 丸二純質天然木灰 1kg 1,100円
18kg 15,700円
L-102 丸二純質天然木灰
(脱鉄品)
1kg 1,700円
18kg 24,000円
L-104 丸二純質天然土灰 1kg 1,000円
20kg 15,700円
L-105
(L-3)
丸二純質天然土灰
(C)(含鉄)
1kg 1,200円
20kg 21,600円
L-106 丸二特製松灰 1kg 1,200円
20kg 19,200円
L-107 丸二純質天然松葉灰 500g 12,000円
L-108
丸二純質天然ナラ灰
1kg 1,200円
20kg 20,500円
L-153
丸二純質天然モミ灰
(微粉)

1kg 3,600円
15kg 46,900円
L-1
丸二純質天然ワラ灰
(多少水分含)

1kg 4,000円
20kg 66,900円
L-2 乾燥ワラ灰
(デシンター粉砕品)
1kg 1,600円
10kg 13,400円
L-10-1 丸二純質松灰
(赤松)
500g 12,000円
L-111 丸二純質松灰
(赤松)(含鉄)(ビードロ専用)
500g 12,000円

(送料別)

マルニ純質 天然灰 新シリーズ
成分バランスのとれた原灰をすいひ加工精製、単味でもとけやすく自然灰釉の特性が引き出せます。
品番 品名 単位 価格(税別)
L-104-1 丸二純質天然土灰(A) 1kg 1,000円
20kg 15,600円
L-105-1 丸二純質天然土灰(A)(含鉄) 1kg 1,200円
20kg 21,600円

(送料別)
 

合成灰
品番 品名 単位 価格(税別)
L-10 合成土灰 1kg 700円
25kg 10,600円
L-11 合成柞灰 1kg 700円
25kg 12,300円
L-12 合成栗皮灰 1kg 700円
25kg 10,900円
L-13 合成ワラ灰 1kg 700円
25kg 11,100円

(送料別)
 

含鉄土石
アルミナ成分、硅酸成分と共に鉄成分を必要とする場合、有効に採り入れる事ができます。
成分割合によって発色効果が変わります。
品番 品名 単位 価格(税別)
M-30 加茂川石粉 1kg 1,900円
20kg 36,000円
M-31 来待石粉 1kg 500円
25kg 8,500円
M-41 益子赤粉 1kg 700円
20kg 10,000円
M-42 極上鬼板粉 1kg 2,000円
20kg 38,400円
M-44 瀬戸黄土 1kg ※販売終了
20kg ※販売終了

(送料別)
 

マグネシア
補助熔剤としてマグネシア成分を必要とする場合に用います。
品番 品名 単位 価格(税別)
M-58 満州タルクか焼品 1kg 700円
20kg 8,600円
M-62 マグネサイト 1kg 600円
25kg 7,100円
M-63 ドロマイト 1kg 300円
30kg 3,700円

(送料別)
 

調整熔剤
釉薬の貫入をつくり出したり、表面に凹凸をつくり出す時に用います。
品番 品名 単位 価格(税別)
M-61 ホタル石 1kg 800円
20kg 11,000円
M-60 クレオライト 1kg 1,200円
25kg 22,600円

(送料別)

天然灰とうわぐすり

草木の灰を用いて調整されたうわぐすりは、日本独特のものです。
古く、中国、朝鮮よりもたらされた技術が、日本において著しい発展をとげ、各地の窯元で使われるようになりました。
その処方は実に多彩で、様々な色ぐすりを産み出しました。
溶融材料としての灰の主成分は、炭酸カルシウム(CaCO3)であり、明治の中ごろ、うわぐすりについての化学的な考え方がわが国に紹介されて以降、草木の灰を用いなくとも、石灰石を使って類似したうわぐすりを創りだせるようになりました。
現在では、燃料暖房としてのエネルギーの変化によって、灰の入手が困難となりました。
ところが、灰をもちいたうわぐすりの釉調のよさは、古陶作品を鑑賞するとき、その味わいの中に捨てがたい良さを認めざるを得ません。
現在においても、安定した需要があり、一目見て灰ぐすりの良さを旨く生かした作品に出会うことがあります。
灰ぐすりの特長は、炭酸カルシウム(CaCO3)が主成分であることは違いありませんが、それ以外の成分マグネシア、リン酸、鉄、マンガンなどの成分が複合して含まれ、その植物の種類、成育環境などによって、様々な割合を示すことです。
全国各地に産出した含鉄土石と灰をあわせることで多様なうわぐすりを作りだしてきたといえます。
僅か2~3種類の原料を、ただ配合割合を変えるだけでうわぐすりになります。
日本でつくられた多くの鉄ぐすりを用いた陶器は、木灰を用いたうわぐすりとして独自の発展を遂げてまいりました。


 
天然灰と合成灰

天然草木を一定の条件で灰にしたものが天然灰と呼ばれています。
成分は、
名称 含有範囲(目安値)
カリウム 0.0%~9.3%
ナトリウム 0.0%~5.1%
カルシウム 3.0%~72.0%
マグネシウム 0.9%~6.0%
リン酸 0.0%~37.0%
0.3%~3.8%
マンガン 0.1%~3.9%
アルミナ 1.2%~17.0%
ケイ酸 1.7%~40.0%

などが複合した炭酸塩の形で含まれています。
成分分析によって、他の天然鉱物原料で作り出されたものが、合成灰です。